離婚の調査である可能性がありますサポート

夫婦は気持ちを理解することができます

これは、人が自分の両親が評価されていない、価値観やライフスタイル、屈辱や基本的価値観に挑戦していると感じたとき、彼は両親がそれらを尊重していると主張しているわけではありません。彼は何もできません。このため、あなたと配偶者の連帯感を創造または更新すると、元の家族との距離が離れます。ひどい牛の脚の危機の危機。これは指輪の挑戦であり、彼の両親はある週末に新しい家を訪れました。訪問は指輪の妻指輪によって家族の週末の夕食のためにイタリアの人気レストランで呼び出されました。イタリア生まれの義理の母親にこのレストランを披露する機会を得て、彼女の脚光は彼女の義母によってしばしば取り除かれたので、ジェニーは興奮していました。

しかし、彼女とデイヴィッドが外で働いていたとき、老婆は食肉工場とスーパーマーケットに行き、食材を購入し、彼の好きな料理の1つ、煮込んだ子牛の脚を作りました。指輪と指輪が家に帰ってきたら、ニンニクと牛肉の臭いが部屋の空中に浮かんだ。彼は本当に注文をキャンセルするように指輪に伝えたがっていました。デイブの母親が夕食を忘れたと言った時、ジェニーはとても怒っていて、全く驚いていませんでした。ダビデはジレンマに直面した。牛肉は美味しく見え、食べないと母親は非常に悲しくなり指輪と指輪の結婚の転換点につながることを知っている。彼女はとてもかわいいと能力がなかったので、彼女は彼女の義母の目の中で、これは指輪の過酷さだと主張しました。

  • 離婚したことでかなりの精神的ダメージを受けていたんです特に
  • 婚活に未来はないでしょうそれは
  • 婚活の対象と考えてみましよう自分の日常を見て

夫婦が怒ったり

結婚は和解することができしかし、これはあまり聞こえませんでした何が大きな危機なのか、ジェニーはいつも大いなる救い主であり、家族を整理しておくことができるダビデの母親と距離を保っています。彼女は個人的には母親が狂っていると言ってダビデに訴えたが、ジェニーはもっと苛立つ。今、ジェニーは息を飲んで、ダビデが決める方法を見る。デイビーは彼の喉を払い、彼のお気に入りのレストランで週末の家族の夕食を共有しました。彼の母親をつかんで、彼女にこのようなおいしい夕食に感謝し、明日まで冷蔵庫に食べ物を置くと言った。指輪は、彼と指輪は指輪の母親と父と母親が非常に怒っていることを非常に期待しており、それに慣れる必要があると説明しました。

指輪に美しいノートを渡しましたが結婚に恩恵をもたらさない彼女はそれが必要な時に私を見つけられないのではないかと心配していました。私は彼女に電話番号を教えてください。しかし、私はまだ答えた、もちろん、私は強制される気持ちがある。私の話から、私たちはもう一度行動の気晴らしの力を見ました。私はそれが私のある部分をどのように複雑にしているのかを理解することができ、中断したい、、長期的な外乱を作り出しました。なぜ私は邪魔されたくありますか?書き込みが難しいので。時には、やっているブリーフィング、進行中の実験、修復されているマシンを離れたり、親密な会話を残したりするのと同じように、天文の理由からキーボードを離れることが必要な場合もあります。私はそれが緊急事態ではないと決めたら、私は母親に申し訳ないと言えるかもしれませんが、それは私の文章のための時間でした。午後に話すのは大丈夫だと思いますか?私はこの母親を非常によく知っており、彼女はこの状況を完全に理解することができます。

夫婦の見解に大きな影響を与えていることは決してありません

しかし、続ける理由がなくても、気晴らしのパフォーマンスです。外部の強制力と本質的な力、私の個人的な心私はすでに強制されている気持ちがあります。不必要な長期的な干渉を作り出しました。私はこの母親に責任を負っています、いいえ、私はまだ私が必要と考えると思います。それは私自身の責任です。実際、これは私自身の責任です。婚活技術はまだ開発されていません。私はまだ精神科医です。しかし、実際には、夫婦自身が無限に呼ばれることを望んでいるということです。何年も前、先生が私に言った。診療所に入ると、仲間の中には昼と夜と呼ばれることがあります。夫婦は焦点を合わせて専念していると思うかもしれません。その時、私はこの文章に感謝しませんでした。実際に、私は彼が責任を軽くする言い訳を探しているだけだと思う​​。

結婚にとって隠された危険性をもたらします壊れやすい

夫婦は中等度で寛容で優しく礼儀正しいですしかし、今私は彼が何を意味するかを最終的に理解する。多くの人々が必要となりたいと思っており、夫婦自身が邪魔している状態を作り出しています。夫婦はどれくらい忙しいのか、どれくらいの時間を要しているのか、時間はほとんどないのか不平を言うかもしれません。私が居住の医者であったとき、気晴らしは今日ほど大きくはなかったので、私は今日のように簡単に気にすることができませんでした。今日必要としている潜在意識のある人であれば、無限の騒動で完全に失われ、何もできません。私が母に話した直後に、私の携帯電話が再び鳴った、そして私は再びそれを取った。今回は修理士が車修理の費用を教えてくれました。この費用は私が予想していたよりもはるかに高かったので、通話が1分程度しかなかったにもかかわらず、その本に注意を集中させるのにさらに30分かかりました。