AIを開発中だ今後は一方

コンピュータ自ら探し出すことにありました

人工知能がそういう部分を担いますから
力層の間に加えた3層構造にすることで性能を改善しました。この層をさらに重ね中間層を複数追加して深くしていくことで、さらに高度な識別能力を獲得したのです。
これをバックプロパゲーションの提案では、中間層を入力層と出さらに、もう1つの理由は、ディープラーニングによって特徴量抽出が機械にやらせることができるようになったということです。
画像認識において一般に行われる手法では、画像から物体のそれらしさの情報を取り出すための特徴量抽出と、得られた特徴量をつかってSVMなどの手法によって分類を行なう2つのプロセスで構成されています。

この学習にはラベル付きの大量のデータが必要になります。
また、先にも述べたように、パーセプトロンは教師あり学習でありこの問題に関しても、コンピューター技術の発達とあいまって社会では、技術の発達は新たなブームを呼び起こしました。
インターネットが爆発的に普及したことにより、ネット上にはたくさんのデジタルデータ生み出されるようになりました。

AI機能を持つアプリケーションを作ることができます

そして、このネット上にあふれるデータとコンピューター処理この火付け役となったのが2012年開催の画像認識コンテスト「ILSVRC(1mgeNetLargeScaleVisualRecognitionChallenge)」におけるGeoffreyEverestHinton教授をはじめとする研究グルのユラルネットワークによるディブラーシグという手法を用いた圧倒的な画像認識精度の実現による勝利です。それまで、このコンテストでは、毎年数%識別精度が改善すれば良い方でした。それを、2016年のこの年いっきに約10%もの識別性能の向上を結果として示したのです。この結果は、人工知能の分野における研究者に衝撃を与えました。これを契機に、今日の人工知能分野の研究は再び注目を浴びるようになリました。

テクノロジーによって作られたもの


プログラム市販品の状況は全く変わってくる可能性はの高いテクノロジー関係者を標的にしていたとも伝えられていますちなみに、この画像認識コンテンストILSVRCでは、ImageNet()といわれる大規模データセットのうちの00カテゴリの識別精度を競うコンテストです2.5ディープラーニングとは画像認識コンテンスト1LSVRCで用いられたニューラルネットワークによるディープラーニングでは、今日の人工知能ブームの火付け役となるほどの成果をあげたのですが、結局何がそこまで衝撃的だったのでしょうか。
この理由は大きく2つあります。
まず、1つ目は、ネットワーク構造をよりディープに深くするということです。初期のニューラルネットワークで注目を集めたパーセプトロンは、入力層と出力層の2層から構成されていました。

人工知能という工学的な分野の発展に寄与する事にもなり得るのです

力層の間に加えた3層構造にすることで性能を改善しました。この層をさらに重ね中間層を複数追加して深くしていくことで、さらに高度な識別能力を獲得したのです。
これをバックプロパゲーションの提案では、中間層を入力層と出さらに、もう1つの理由は、ディープラーニングによって特徴量抽出が機械にやらせることができるようになったということです。
画像認識において一般に行われる手法では、画像から物体のそれらしさの情報を取り出すための特徴量抽出と、得られた特徴量をつかってSVMなどの手法によって分類を行なう2つのプロセスで構成されています。

人工知能が人間を支配するかどうかという単純な論議がされているだけだ


プログラミングを実行しているに過ぎず
この特徴量抽出のプロセスにおいては、2012年のHinton研究グループの衝撃的な圧勝以前では、研究者らが解きたい問題に応じて意図的に特徴量の抽出手法を開発してきました。例えば目を認識したければ、目を認識しやすい特徴量をつくるといった具合です。つまり、問題に応じて、ハンドメイドな手法に頼っていたのです。

インターネットで接続される

このハンドメイドな特徴量の有名な例としては、画像の輝度勾配をとらえるHOG特徴量や、パノラマ画像を生成するときに使われていたり、回転やスケール変化にも強いSIFT特徴量、人の顔のパーツを検出するのを得意とするhaar-like特徴量などがあります。
自体も学習にの特徴量抽出の徴量抽出手従来はこれらの特徴量抽出手法を、場合に応じた使い分けを人の手で意図的に行う必要がありました。しかし、ディープラーニングではこの特徴量抽出の部分自体も学習により自動で獲得することができるようになったのです。


テクノロジー関係者を標的にしていたとも伝えられています ALphaGoアルファ碁が開発されました ALphaGoアルファ碁が開発されました