AI時代の到来はまさに時の話題のようだ

Watsonのマーケティング戦術こそ

人工知能を超えることができるはずですこれによって、投薬反応を調べ新しい薬の開発に生かすことが可能となるというのである。さらに付け加えると、アメリカでは「テックタッツTECHTATSという「医療用の電子タトゥー」まで開発されている。これを肌に貼ると、体温、心拍数、血圧など、身体の詳しい情報をスマホでチェックできるようになるという(注一三)。
AI時代の到来はまさに時の話題のようだ

ロボットが自律的に判断したとはいえず

以上の具体例をみただけでも、今後これらの製品が大量生産され低価格化が進めば、病気の予防効果や新薬の開発、さらに定期健康診断が不要になる効果などがあり、病院経営の効率化や医療費コストの大幅な削減が見込めることになる。ただし、現在は様々方法、様々なアイディアで医療用!oTは進んでいる段階である。
医療用IoTのメリットは、人々の普段生活から、人々が意識することなく、それが分析されサービスが利用者に提供されるということである。人工知能は高度な判断能力がなくて

人工知能のエネルギー源


したがって早めにかかりつけの医師に相談できるし、医師も患者の正確な医療情報を元に、迅速にできるようになるはずであるデータが収集され何か異常があればより正確な治療がきな時間に自動搾乳機の前に並ぶだけで搾乳されるのである。
このような農業の工業化は植物栽培でも起こっている。
現在、日本には1100社弱の植物工場があるが、植物工場のシステム制御にも10は欠かせないものとなっている。植物工場は、屋内施設で光や水、温度を管理して無農薬の野菜を育てる工業のような栽培スタイルの農業である。
人工知能の研究はやはり国防省傘下であるという事実は拭えません

IoT社会ですさらに

人工知能はは彼らなりに彼らところ
植物工場は、苗床を積み上げれるメリットがあったり、天候の影響を受けにくい反面、温湿度や照明、養分濃度などの制御に手間がかかるのが難点でありの制御にひと役買っているのが1oTである(注一八)。最近、太陽光のかわりにLED光をあてLED光の色や照射時間などを厳密にコントロールすることによって栽培効率を高めている植物工場もあらわれているが、日本では七五パーセントの企業で赤字だという。
ディープラーニングという技術

人工知能AI技術の活用

ただし、日本より国土の狭いオランダではスマートアグリとして大成功しており、日本でもこの分野の将来性は高いと考えられる。さらに、家庭での野菜などの水耕栽培の研究も進んできており、健康のために欠かせない野菜の自給が可能となっている。自宅のPCにUSB接続し水の量や光を当てる時間を調整できるアイテムもできているという。土地に大きく依存している農業といったイメージが変わってきているといえる。植物工場の発展によって日本農業の自給化も夢ではないのである。
AI時代の到来はまさに時の話題のようだ

人工知能が今までのように手数の多さに悩むことはありません

AIが子孫を残す?
さらに進化すれば各家庭で野菜や穀類の自給ができるかも知れないのである日本のクボタは、二〇一四年六月に「KSASクボタスマートアグリシステム」というサビスを始めた。これは農機にセンサーを搭載することで、「どの田んぼでどのような作業を何分したのか。どの田んぼにどのくらいの量の肥料をまいたのか。どんな品質のコメがどのくらい収穫できたのか。といったさまざまなデータを蓄積できる。このデータを解析すると、最小限の作業量で適度な肥料をまき、おいしいコメがたくさんとれるようになる」という(注一九)。