NISA制度の概要について

2011-12-03 |

NISAとは、2014年から始まる小額投資費非課税制度の愛称です。

小額投資費課税制度は、株式や投資信託など投資にかかる売却益や配当金に対して税制上20パーセントの税金が課税されますが、これを非課税にする制度です。

NISAは、小額投資非課税制度がイギリスの個人貯蓄口座制度を参考にしてつくられ、その愛称ISAの日本版として公募で付けられたものです。

具体的には、年間100万円までの非課税口座枠が設定され、この口座枠内での株式投資や投資信託にかかる譲渡益や配当金が非課税となります。

2023年までの10年間に毎年100万円の非課税枠が追加されます。

非課税の期間は最長で5年間で、最大では500万円を被課税枠として利用できます。

ただし、途中で売却をした場合には売却枠の再利用は認められません。

このような制度内容のため、長期の投資向けの株式投資や投資信託に利用するのが合理的な利用方法になります。

頻繁に売買を行なうと短期間に非課税枠を使い切ってしまい、非課税枠の再利用ができないためこの制度を有効に活用することができません。

NISA口座は、一般の口座とは別に専用の口座を開設する必要があり、20歳以上の日本国内の居住者が利用者1人に1口座のみの開設が認められています。

銀行でも開設できますが、株式の取引は銀行で取り扱えないため証券会社に口座を開設することとなります。

なお、開設した口座は4年間変更できないので、口座を開設する際には金融機関のサービスなども十分検討し、慎重に開設する必要があります。

Leave a reply

Name (required)

Email (will not be published) (required)

Website

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans